Aznet Produce オーディション応募フォーム

Aznet ProduceとはAznet Promotionが主催し、
座付きの作・演出家の輪島貴史の作品を上演することを主に目的としております。
18歳〜26歳くらいのこれからどんどん伸びる若い役者さんを中心に起用し、演劇公演や朗読公演を主に行っております。
優秀な方は本公演でのメインキャストでの起用や、別団体へのご紹介、仕事の紹介など
出演してくれる皆さんの今後の活動に何かプラスになることがしたいと言う思いで作品作りを行っております。

輪島貴史によるオリジナル脚本、そしてプロの作曲家によるオリジナル楽曲、
ダンスや歌を織り交ぜたエンターテイメント的な演出が定評を頂いております。
輪島の演出では”言霊”を重要視しており、その人の内面から出る繊細な芝居を求めております。
所謂、声優芝居と呼ばれるような芝居は輪島の演出では行いません。
ですので、是非、声優をメインとしている方だけではなく、舞台で活動している役者様にご出演頂きたいと思っております。
朗読公演ではありますが、劇場にお越し頂いたお客様には聴覚だけではなく、視覚でも楽しんで頂けるような演出もたくさん盛り込まれています。

Aznet Produceの公演では、公演中もスマホを見ても良い、というようにしております。
台本をホームページ上で無料で公開し、公演中台本を見ながら朗読をお聞き頂けます。
詳しくは公式ホームページをご確認下さい。

公演時のスマートフォンの使用について

 

 

■1月朗読公演タイトル
『エンリ帝国戦記 ~叙事詩オモイカネ~』

LGBTやジェンダーレスをテーマにした作品となります。
脚本は只今執筆中ですが、前回の作品『命の唱』に輪島さんのLGBTやジェンダーレスに対する思いが書いてあります。
是非、『命の唱』に目を通して頂き、内容にご賛同頂けましたら出演をお願いしたいと思います。

『命の唱』脚本
https://aznet-pro.biz/stage/text/inochinouta.pdf

 

■作・演出
輪島貴史

 

■あらすじ
ハハハ。
忍者(ニンジャ)をご存知か?
地域や時代によってはシノビとも、ラッパとも、オンミツとも呼び
女と男で呼び方が変わるのをご存知か?

忍者の中でも
女の忍者は「ク」と「ノ」と「一(イチ)」で「クノイチ」と呼ぶのをご存知か?
ハハハ、失礼、それはご存知であったか、失礼。ハハハ。

では、男の忍者をどう呼ぶのか、ご存知か?
男の忍者は「田(タ)」の下に「力(チカラ)」で「男(タヂカラヲ)と呼ぶのをご存知か?

これは知らなかったであろう、ハハハ、何故ならば、その文献は残ってはいないからだ。
男の忍者は、「タヂカラヲ」と呼ぶのだ。覚えておいて欲しい
そして、お尻はなぜ、「オ」ではなく、「ヲ」なのかというと
「我に力を・・・」「力ヲ我に・・・」という、力を欲する願いなのだ
男は実は、とても弱い生き物、肉体は強いが、心が弱い。哀しい程に弱い。
ゆえに力ヲ欲するのだ。時にはその想いが強すぎて不快にヲモわれる事もあるが、
それはもはや生まれつきのものなので、どうか許してあげて欲しい。

忍者

女は「クノイチ」
男は「タヂカラヲ」

ここまではよいかな?

では、男であり女、女であり男で在る者、その忍者はどのように呼ばれるかご存知か?
ハハハ、知るはずもないだろう、何故ならば、その文献は残るどころか、記されてもいないのだから。

その名は、男と女、女と男、の、想いを兼ねる者
「思(オモイ)」「兼(カネ)」
「思兼(オモイカネ)」

この物語は、オモイカネの物語である。

ハハハ、なに、そう身構える必要は無い
結末を先に言っておこう
オモイカネは、困難に立ち向かう時、負けてはならぬ時、勝たなくてはならぬ時
自分を舐めた奴ら
バカ男に、バカ女に、対して、こう言い放つのだ

「私を、誰と、オモイカネ?」

 

この世の前に九頭の龍と九尾の狐あり
二柱は交わり無量の神を産む
無量の神に二種の性あり
男(タジカラヲ)と女(クノイチ)
その交わりにて生まれる不可思議な平行は
清浄とは縁遠い衝突を生み出し無量の騒音となる
九頭の龍は怒り、有広無滅の炎を吐き
生死を繰り返す終わりなき世が始まる
怒りの収まらぬ九頭の龍に耐えかねた九尾の狐は一つの神を産む
男(タジカラヲ)と女(クノイチ)二つの体と思いを兼ねる神、思兼(オモイカネ)

思兼(オモイカネ)は九頭の龍にその存在がばれぬように表には立たず
男(タジカラヲ)と女(クノイチ)を裏から支え戦い
九尾の狐から授かった魔力を使い九頭の龍を封じる
九頭の龍を封じた大地にタジカラヲとクノイチを住まわせ、
自らは空となる事で有限の封印を作り上げた

時は経ち、人間となったタジカラヲとクノイチによる不可思議な平行による衝突が溜まり
大地は震えはじめた
衝突と怒りによって姿を変えたその大地は、裏切りの大地と呼ばれた

九頭の龍の封印が解ける事を察したオモイカネは九頭竜復活を阻止するために
裏切り大地に人間として降り立った
再び裏から支え戦うオモイカネであったが、裏切りの大地に住むタジカラヲとクノイチは、
互いの縁を切り合うようになっており、かつての力は無かった

オモイカネは自ら表に立つ事を選んだ

しかし、その戦いにより存在が九頭龍に知られる事となり
それを吹聴したのはタジカラヲとクノイチであった
数多の裏切りに逢いながらもオモイカネは九頭龍の復活を阻止するために戦い続ける。

 

■配役
全部で15役を予定(全員女性でキャスティングします)
一部ダブルキャストで2チーム作成
主役、準主役以外は、シングルキャストの方も役をシャッフルして2役演じて頂きます。

 

■日時
2021年1月14日(木)〜17日(日)
8公演を予定
一部ダブルキャスト
上演時間は90分を予定しています(脚本執筆中)

 

■会場
パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』
1公演の客席を30席とさせて頂きます(劇場のMAXキャパシティが40〜50席)
http://esorabako.com/
東京都新宿区山吹町 361 誠志堂ビル 1階

*最寄駅*
有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分
東西線「神楽坂」駅 徒歩9分

 

■チケット代
3500円+1Drink(700円)

 

■稽古スケジュール
12月19日(土) 18時〜22時
配役のための読み合わせを一度行いたいと思っております。(スケジュール相談可)

1月5日(火) 13時〜22時
1月6日(水) 13時〜22時
1月7日(木) 13時〜22時
1月8日(金) 13時〜22時
1月9日(土) 18時〜22時
1月10日(日) 18時〜22時
1月11日(月) 18時〜22時
1月12日(火) 13時〜22時
1月13日(水) 13時〜22時

1月14日(木) 10時劇場入り 仕込み

稽古場所:中野の弊社スタジオ
※稽古時間は変更となる可能性があります。

 

■物販予定
・チェキ券 1枚1000円 (キャストには50%バック)
※お客様とのツーショット、キャストのピンショットをお客様が選択出来ます。
※キャスト同士のコラボチェキ、百合チェキなども行えます。
その際はキャスト1名につきチェキ券1枚が必要になります。
※当公演ではチェキ、面会の時間を少し長めに取り、お客様との交流タイムを大切にしております。
その考えにご賛同頂けない場合は出演をお断り頂いて全然構いませんので、申し出て下さい。
コロナ対策は最低限、きちんとさせて頂きます。
※お客様とのツーショットを行うか行わないかは公演前にキャストの皆さんにお伺いします。

ご自身の物販(CD・本・絵画等)は個人的にして頂いて大丈夫です。
テーブルを用意しますので、こちらも公演前にやるかやらないかをお伺いします。

 

■出演条件
基本チケットバックにてご相談させて頂きます
1枚目から800円バック
21枚目から1500円バック

 

■本番の音声を録音致しまして、後日期間を設定して音声の販売を行いたいと思います。
(配信ではなく、音声データを販売します)
最近のコロナの情勢もありますので、劇場に足を運ぶのを躊躇されるお客様もいらっしゃると思いますので
そういうお客様や遠方のお客様にも楽しんで頂きたいと思います。
音声販売の予約もチケット販売開始から行いまして、公演終了後10日を目安にメールにてダウンロードURLをお送りします。
2月半ばくらいまで販売出来るようにします。

こちらに関しましても、役者の扱いを設け、皆さんにバックとして
1件につき800円をお支払いさせて頂きます。

金額;1チーム3500円 2チームセット(2件扱い):6000円

 

■備考
●Aznet Produceの公演では、皆様に仕込み・バラシのお手伝いのご協力をお願いしております。

●舞台出演の告知として弊社製作番組へのゲスト出演のご協力をお願いする場合があります
『スターシード ~この宇宙から送るラジオ~』76.3MHZ
毎週月曜日 23:00~24:00
ラジオ局HP:http://fmn1.jp/
スマホからの視聴 http://listenradio.jp
パソコンからの視聴 http://fmn1.jp/netradio.html
稽古中や本番中の楽屋にてトーク形式で収録しております

●オフィシャルTwitter、ホームページに稽古風景や本番で撮影した写真を
掲載させて頂く場合があります。ご協力、ご了解下さい

●コロナ対策と致しまして、マイクは1人1本専用のマイクを用意し、都度消毒を行います。
稽古場所のスタジオは複数箇所に窓があります。稽古、収録中は数時間おきに換気を行います。

●弊社では、メーカーの違う様々なマイクを取り揃えております。
(SHURE、SENNHEISER、AKG、BLUE、AUDIX、RODEなど)
声のノリや入り方など、合うマイクは人によって違ってきます。
普段、こんなにたくさんのマイクを試用出来る機会はあまり無いと思います。
是非、色んなマイクに触れる、という意味でも現場を楽しんで頂けますと幸いです。

 

 

■エントリー条件
・18歳〜28歳くらいまでの戸籍上女性である方(ジェンダーレス・LGBTの方歓迎します)
・心身共に健康な方(体調不良で稽古をお休みしない方)
・稽古に積極的に参加する意志がある方(稽古期間が短い為、スケジュールの確保をお願いします)
・事務所所属問いません(事務所に所属している方は出演の許可を得てからご連絡下さい)
・LINEで連絡が取れる方
・ノルマはありませんが、最低限10〜20枚程度チケットの販売が見込める方、または販売する意欲のある方

・きちんとコロナ対策が取れる方
 ・稽古前2週間は繁華街など濃厚接触になるような場所に行かないこと
 ・毎日体温を測定し、少しでも異変がある場合は出演をご遠慮頂きます
 ・体調に異変を感じた際は隠さず必ず報告して下さい
 ・やむを得ず外出する場合はマスクをつけるなど自衛をお願い致します

 

 

〜輪島貴史プロフィール〜

作・演出家
神話作家として注目を集める
1981年3月9日生まれ、石川県金沢市出身

幼少の頃から武道をたしなみ、18歳で上京し、スタントマンとなる。
アクロバット能力が評価され、現在も体操、アクロバット指導を行っている。
25歳で演出家となり、指導者の道を歩む。

スタントマンとして、映画など映像の現場を経験。
CMキャスティングやCMのダンス振り付けなどでCMの現場を経験。
プレイヤー、スタッフ、演出家として商業舞台の現場を経験。
ナレーターとして企業CMのナレーションも行っている。

31歳で前世の記憶が芽生えると共に霊能力が覚醒。
6感(霊感)、7感(ワンネス)、8感(宇宙真理)に目覚め、
以降、芸能界にて口コミや紹介制でスピリチュアルカウンセリングを行う。
過去には銀座のスピリチュアルサロンに在籍し、霊視鑑定も行っていた。
東京都の霊能力者第7選にも選ばれている霊能力者である。

輪島が描く作品にも、前世の記憶や霊体験、輪廻転生、仏教を始めとする宗教、神話など
スピリチュアルな観点が多数反映されている。
『神話作家』として注目を集め、作詞やラジオドラマの脚本も手掛ける。

数々の現場で経験してきたことを元に、演出、指導を行う。
演出家として役者の能力を引き出す指導方法が注目され、
多数の芸能プロダクションから演技指導の依頼を受ける。
これまでに子供から大人まで2000人以上の指導実績を持ち
芸能人、プロダクションマネージャーからの信頼も厚い。
今までに演出した主な芸能人は、城咲仁や堀川りょう。
AKB出身女優やテニミュ俳優の演出も手掛けている。

スピリチュアルな話や作品が、ラジオ局や新聞社などの公的機関からも支持され
新聞社主催の文化センターなどで多数の講演活動を行っている。
演劇指導能力が評価され、中学校総合授業の講師も務める。

 

■オーディション日程(1月朗読公演)
11月20日(金) 15時〜17時/18時〜20時
11月21日(土) 15時〜17時/18時〜20時

11月27日(金) 15時〜17時
11月28日(土) 15時〜17時/18時〜20時

12月04日(金) 15時〜17時/18時〜20時
12月05日(土) 15時〜17時/18時〜20時

 

応募フォームのオーディション希望日の欄に、ご希望の日時をご記入下さい。
応募頂いた方から順次審査致します。
その為、全キャストが決まり次第、その時点で募集を打ち切らせていただく可能性がございます、予めご了承ください。
出来るだけ早い日程でご応募頂けますと幸いです。

 

 

応募フォーム